ディーラー試乗車で死亡事故、速度超過か

自動車 社会 社会

25日午後0時10分ごろ、福島県白河市内の国道4号で、交差点を右折しようとしていた軽乗用車と、対向車線を直進していた乗用車が衝突する事故が起きた。軽乗用車は信号柱にも衝突して大破。乗っていた2人が死亡している。

福島県警・白河署によると、現場は白河市米村道北付近で片側2車線の直線区間。交差点には信号機が設置されている。軽乗用車は交差点を右折しようとしていたところ、対向車線を直進してきた乗用車と衝突。乗用車に押し出されるかたちで路外に逸脱し、信号柱にも衝突した。

衝突によって軽乗用車は大破。運転していた矢吹町内に在住する41歳の女性と、同乗していた13歳の男子中学生が全身強打で死亡した。対向車を運転していた同市内に在住する34歳の男性と、同乗者1人が打撲などの軽傷を負っている。

事故を起こした乗用車は自動車販売店が所有する試乗用のクルマだった。警察では速度超過の疑いもあるとして、運転者から自動車運転死傷行為処罰法違反(過失致死)容疑で事情を聞くとともに、事故発生の経緯を詳しく調べている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集