メルセデスCクラス 新型、南アフリカでも生産開始…ドイツに続いて2拠点目

自動車 ビジネス 企業動向

南アフリカのイーストロンドン工場で生産が開始された新型メルセデスベンツCクラスセダン
  • 南アフリカのイーストロンドン工場で生産が開始された新型メルセデスベンツCクラスセダン
ドイツの自動車大手、ダイムラーは5月15日、新型メルセデスベンツ『Cクラスセダン』の生産を、南アフリカ共和国のイーストロンドン工場で開始した。

新型Cクラスセダンは2014年1月、デトロイトモーターショー14で初公開。その後、2月にまず、ドイツのブレーメン工場で生産が始まった。

今回、ドイツのブレーメン工場に続いて、南アフリカ共和国のイーストロンドン工場からも、新型Cクラスセダンがラインオフ。新型は世界4工場で組み立てられることになっており、米国のタスカルーサ、中国の北京の両工場でも、順次生産が開始される予定。

南アフリカ共和国のイーストロンドン工場でCクラスセダンが生産されるのは、今回で4世代目。同工場製のCクラスセダンは2000年から、右ハンドル市場への輸出を開始。2007年からは、左ハンドル仕様を米国に出荷してきた。

ダイムラーのメルセデスベンツ乗用車部門、Markus Schafer取締役は、「南アフリカでの生産開始により、Cクラスセダンの生産能力拡大が図られる」と述べている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集