ジェイテクト、メキシコに初の生産拠点を新設、電動パワーステアリングを現地生産

自動車 ビジネス 企業動向

ジェイテクトは、メキシコで同社初の生産拠点「ジェイテクト・オートモーティブ・メキシコ」(JAMX)を2014年2月に設立すると発表した。投資額は約80億円。電動パワーステアリングを製造・販売する。

日系自動車メーカーは、北米市場向け自動車生産台数を拡大するため、メキシコで新車生産拠点を新・増設している。新会社のJAMXは電動パワーステアリングを現地で生産・供給することで、各自動車メーカーのニーズに、迅速、的確に対応するとしている。

新会社の資本金は3億6000万ペソ(約29億円)で、ジェイテクトが100%出資する。電動パワーステアリングの生産能力は年間約90万台で、2015年末から生産開始する予定。従業員数は2016年に約300人を予定している。

ジェイテクトではこれまで、日本をはじめ、世界各地で培ってきた電動パワーステアリングの技術、生産ノウハウを活かし、高品質の電動パワーステアリング製品を生産し、メキシコ事業の拡大を図る。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集