ブリュッセル航空、スタッフが自転車イベントでアフリカの子供達をサポート

航空 企業動向

バイク・フォー・アフリカ・キャンペーンに参加するブリュッセル航空のスタッフ
  • バイク・フォー・アフリカ・キャンペーンに参加するブリュッセル航空のスタッフ
  • バイク・フォー・アフリカ・キャンペーンに参加するブリュッセル航空のスタッフ
ルフトハンザ・グループは12月11日、29人のブリュッセル航空のスタッフと、ほぼ同じ人数の他のベルギーの会社のスタッフ達が「バイク・フォー・アフリカ」キャンペーンに参加し、アフリカの子供達をサポートすることを公表した。

この自転車イベントは2014年1月31日から2月4日の5日間に、240キロメートルの距離をカバーし、その中の75キロは荒れ地を含んでいる。そしてこのバイクツアーの終盤にウガンダを通過した時、彼等は最低10万ユーロの寄付をウガンダの援助団体である包括的リハビリテーションサービス・イン・ウガンダ(CoRSU)と、ベルギーの政府と無関係の団体であるユナイテッド・ファンド・フォー・ベルジウムに対して行う予定である。

彼等が集める寄付によって、スタッフは医療的な干渉とリハビリテーションを必要とする、ウガンダとベルギーの子供達をサポートすることとなる。また2つのベルギーのケアセンターであるアールトライケのDe EngelbewaarderとブリュッセルのLes Sentiersは、彼等の被保護者の為にバイクを受け取る。

ルフトハンザ・グループに属するブリュッセル航空は、イベントの後方支援とバイクの輸送に責任を持つこととなる。
《河村兵衛》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集