日本精工、自動車変速機向け樹脂製のプラネタリ用ニードル軸受を開発…自動車の低燃費化に貢献

自動車 ビジネス 企業動向

日本精工、自動車用変速機向け「小型軽量プラネタリ用ニードル軸受」を開発
  • 日本精工、自動車用変速機向け「小型軽量プラネタリ用ニードル軸受」を開発
  • 日本精工、自動車用変速機向け「小型軽量プラネタリ用ニードル軸受」を開発
  • 日本精工、自動車用変速機向け「小型軽量プラネタリ用ニードル軸受」を開発
  • 日本精工、自動車用変速機向け「小型軽量プラネタリ用ニードル軸受」を開発
日本精工は、自動車用自動変速機(AT)、無段変速機(CVT)、ハイブリットシステム(HV)やホイールハブモータに使用されるプラネタリ(遊星)機構向けに「小型軽量プラネタリ用ニードル軸受」を開発した。

新製品は、軸受の保持器にガラス繊維で強化したナイロン材(樹脂)を採用し、小型・軽量化と高い信頼性を両立した。

新開発ニードル軸受は、保持器材料に樹脂を採用し、保持器の形状を最適化し性能の向上を図った。従来の金属保持器から樹脂保持器に置き換えることで、軸受重量は25%軽量化できる。最適なローラー本数・長さにすることで、同じ軸受容量で軸受幅を10%短縮できる。

保持器に油溜まりを設けることで、変速機内の潤滑油の低粘度化や少油量化に対応する。保持器に排出溝を設けることで、軸受を通過する油量をコントロールできる。

自動車の低燃費化、変速機の小型化に貢献する新製品は2017年に年間5億円の売上を目指す。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集