ジェットスター・ジャパン、累計搭乗者数が300万人を突破…LCCで2社目

航空 企業動向

ジェットスター・ジャパンは、累計搭乗者総数が300万人を突破したと発表した。LCC(格安航空会社)の搭乗者数が300万人を突破したのは、ピーチ・アビエーションに続いて2社目。

ジェットスター・ジャパンは、
2012年7月3日から就航開始しており、38週目となる2013年3月22日に100万人、58週目となる同年8月12日に200万人を突破した。300万人突破は就航してから約1年半で達成した。

ジェットスター・ジャパンの鈴木みゆき社長は「今後もプライスリーダーとして魅力的な低運賃を提供し、旅行機会の増加や現地での充実した活動の実現に加え、地域の経済振興や活性化に貢献していく」と述べている。

現在、ジェットスター・ジャパンは、国内9都市に就航し、13路線を運航している。今月10日から10都市、14路線目となる成田~高松線を、1日2便(往復)で運航する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集