ミシュラン、トラック・バス用新型タイヤを発表…タイヤから運送コストを見直す

自動車 ビジネス 国内マーケット

11月18日、ミシュランはバス・トラック用の新型タイヤ『X One』を発表した。

「シングルワイドタイヤ」と呼ばれるX Oneは、車両後輪のダブルタイヤを一本にするというコンセプトのもとに開発されたモデルであり、タカラ物流システムが導入した15トン搭載のいすゞ『ギガ』の後輪に初採用される。

X Oneのサイズは455/55R22.5。国内に出回る一般的な大型トラック用ダブルタイヤのサイズとほぼ同等の外径を持つことで高い互換性を実現したほか、車軸あたり100kgの軽量化に成功しながら、積載量の増加も可能としている。

X Oneの開発には、近年騒がれている物流業界の環境問題が大きく関連している。

現在日本では環境負荷低減装置などの装備を増強したことで、総重量の増加が問題視されている。積載量の減少や燃焼効率の低下により、結果として運送コストが増しているのだ。また、世界に目を向けると、北米では空気抵抗を改善する装備の増強や重量の低減、欧州ではCo2削減が厳しい規定として設けられている。

そのような問題の解決策として推奨されているのが、シングルワイドタイヤである。軽量化によって、低燃費・積載量の増強・走行安定性向上・省メンテナンスといった相乗効果が見込め、それが結果として運送コストを下げるのだ。

登壇したタカラ物流システム常務執行委員の丸山利明氏は、X Oneの将来的な目標について「2014年にはタンク車に装着を検討し、以降に製造される新車全てにX Oneの導入を目指す」と話した。
《小川 貴裕》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集