三菱重工とNEC、船舶向けエネルギー需要予測システムを共同開発

船舶 企業動向

三菱重工業とNECは、NECのビッグデータ分析技術を活用し、船舶運航の省エネルギー化を実現する「船舶向けエネルギー需要予測システム」を共同開発すると発表した。

システムは開発後、三菱重工が2014年度末までに販売を開始する予定。

三菱重工の船舶建造技術と、NECのビッグデータ分析技術・ノウハウを組み合わせて共同開発する「船舶向けエネルギー需要予測システム」は、実際の船舶航行で収集したエネルギー消費量・天候・気温・時刻などの各種データを基に、将来のエネルギー需要量を予測するもの。

システムの予測技術には、ビッグデータに混在する多数の規則性を自動で発見する、NECの「異種混合学習技術」を活用する。

このシステムを利用することで、高精度なエネルギー需要予測に基づいたエンジンや発電機の稼働率、稼働台数を制御することで、船舶運航の省エネルギー化を実現し、運航コスト削減、環境負荷低減に貢献する。

三菱重工業は今後、「船舶向けエネルギー需要予測システム」や、三菱重工が開発した「三菱空気潤滑システム」などの先進環境技術を提案し、新造船や既存船舶のバージョンアップ工事(レトロフィット)の受注拡大を図る。

NECは、異種混合学習技術を利用したエネルギー需要予測システムをビルエネルギー管理システムなどへ適用するとともに、ビッグデータ関連の分析技術、ソリューションを強化する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集