日清紡とコンチネンタル社、中国に電子制御ブレーキシステム用部品の生産拠点を設立

自動車 ビジネス 企業動向

日清紡ホールディングスは11月6日、独コンチネンタル社の中国子会社と、電子制御ブレーキシステム(EBS)の主要部品であるバルブブロックの製造・販売を目的とした合弁会社を中国に設立すると発表した。

両社は、2000年に自動車用アンチロックブレーキシステムの製造・販売の合弁会社を設立するなど、これまで良好なパートナーシップを築いてきた。

現在、コンチネンタル社は、中国市場の需要増へ迅速に対応することでEBSのシェア拡大を目指しており、競争力のある構成部品の安定的な確保が課題となっていた。一方、日清紡HDは、精密部品の製造拠点を日本と上海に有し、事業拡大を目指している。

今回両社は、新合弁会社を設立することで、中国自動車市場の需要増を取り込み、さらなる成長を図っていく。

新会社の名称は、日清紡大陸精密機械(揚州)有限公司(仮称)。資本金は2億元(約32億円)で、出資比率は日清紡HDが70%、コンチネンタル・中国子会社が30%。2015年1月より生産を開始し、以降順次生産規模を拡大。2020年3月期の売上高は40~50億円レベルを見込んでいる。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集