タカタ財団、2014年度助成研究公募を開始

自動車 ビジネス 企業動向

タカタ、世界初の運転席用FVTエアバッグ(参考画像)
  • タカタ、世界初の運転席用FVTエアバッグ(参考画像)
タカタ財団は、10月1日より2014年度助成研究の公募を開始する。

同財団は、「交通事故犠牲者ゼロ」を目指し、特に「人」に焦点を当てた調査、研究、教育などの活動を助成することにより、幸せな交通社会実現に寄与することを趣旨として2008年12月に設立。事業の中核である研究助成事業活動の一環としての研究助成プログラムは、これまで27件の研究に対し助成を行ってきた。

財団法人、社団法人、独立行政法人、大学院、大学、高等専門学校、専門学校などを対象に、交通事故死傷者の低減に寄与する、特に「ヒューマンエラー」の対策に繋がる研究を募集。助成対象となった研究には、2014年4月1日から1年間、100~500万円の助成金が充てられる。公募締切は2013年12月15日。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集