テザーズ・アンリミテッド、放射線シールドを施せる3Dプリント技術開発で空軍研究所と契約

宇宙 企業動向

テザーズ・アンリミテッドwebサイト
  • テザーズ・アンリミテッドwebサイト
  • VSRS技術
米テザーズ・アンリミテッド(Tethers Unlimited)社は、放射線シールドを施せる3Dプリント技術の開発で、空軍研究所(Air Force Research Laboratory)と契約を結んだ。

宇宙機構造向けに開発されたテザーズ社のVSRS技術は、材料(ポリマーと金属)と積層造形プロセスにより、放射線を遮蔽できる機器の骨組みを製造できる。3Dプリントを用いると、迅速な製造、機器の軽量化、コストカットが実現する。

テザーズ社の主任技師は「宇宙機システムの低コスト化と性能向上を両立させるには、民生用電子機器の活用を考慮しないといけないが、放射線の影響を受けやすい。そこで放射線遮蔽材を構造に組み込めるVSRS技術が重要となる」と述べた。
《日下部みずき》

編集部おすすめのニュース