ZMP、カートモUP の対応車種拡充…車載データを活用したスマホアプリ開発

自動車 ビジネス 企業動向

ZMP・カートモUP
  • ZMP・カートモUP
  • ZMP・カートモUP
ZMPは9月17日、ソフトウェアエンジニアが車載データを活用したスマートフォンアプリケーションを開発できる「カートモUP」の対応車種を拡充したと発表した。

カートモUPは、OBDIIに装着する小型デバイスで、ソフトウェア開発環境「カートモUP SDK」とセットで提供する。カートモUPは本体内に3軸加速度センサ、3軸ジャイロセンサを搭載。スマートフォン経由で車載データをクラウドに共有、ソフトウェアエンジニアがスマートフォン用のアプリケーションを自由に開発することができる。

今回新たに、ホンダ『フリード』『インサイト』に対応し、対応車種は、トヨタ『プリウス(HV、PHV)』『アクア』、ホンダ『フィット(HV)』、日産『ノート』、マツダ『デミオ』、スバル『インプレッサ』となった。

価格は1万500円で、車載データを活用したアプリケーションを開発するパートナー企業向けに販売する。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集