ホンダ、CDP Global 500 で日本企業トップの開示スコアを獲得

自動車 ビジネス 企業動向

本田技研工業本社(東京青山)
  • 本田技研工業本社(東京青山)
  • ホンダ・環境年次レポート2013
英国のNPO「CDP」は9月12日、世界の大手企業500社を対象に各企業の地球温暖化対策の取り組みや温室効果ガス排出量の開示について調査した結果となる「CDP Global 500 Climate Change Report 2013」を公表した。

その調査結果において、ホンダは、日本企業ではトップの開示スコアを獲得。さらに、開示内容と取り組み実績の両面で高い評価を得たことにより世界の先進企業12社のうちの1社に選ばれた。

同レポートにおいてホンダは、製品の原材料調達から生産・販売、顧客の製品使用時、さらには廃棄に至るまでに発生する温室効果ガス排出量をGHG(温室効果ガス)プロトコルに基づいてグローバルで開示。また、スコープ3では全カテゴリーの温室効果ガス排出量を他社に先駆けて開示するなど、充実した取り組みが評価され、昨年よりもさらに高い開示スコアを獲得して、日本の企業で1位となった。

さらに、ホンダは「カーボン・ディスクロージャー・リーダーシップ・インデックス(CDLI)」という気候変動に関する情報開示先進企業を選定するインデックスにおいて、60社のうちの1社に3年連続で選定されるとともに、「カーボン・パフォーマンス・リーダーシップ・インデックス(CPLI)」という気候変動に関する取り組み実績先進企業を選定するインデックスにおいても、56社のうちの1社に選定された。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集