【オートサービスショー13】ボッシュ、EDRデータ読み出し解析ツール参考出品

  • ボッシュは、エアバッグが作動する事故があった時にその前後の車両情報を記録する装置(EDR)からデータを読み出し解析するクラッシュ・データ・レトリーバル(CDR)を参考出品している。
自動車 ビジネス 企業動向
ボッシュ CDR
  • ボッシュ CDR
  • ボッシュ CDR
  • ボッシュ CDR
  • ボッシュ ブース
ボッシュは、エアバッグが作動する事故があった時にその前後の車両情報を記録する装置(EDR)からデータを読み出し解析するクラッシュ・データ・レトリーバル(CDR)を参考出品している。

EDRは客観的、公平に事故原因を分析するために、衝突事故の前後の車の挙動やドライバーの操作を記録するもの。米国では当局がEDRの統一規格を定め、新車への装着を促している。

ボッシュのCDRは米国で販売されている日米欧12の自動車メーカーのEDRに対応しており、マーケティング部の里廉太郎氏によると「警察の事故解析担当者、保険調査員、自動車メーカーなどで使われている」という。

日本ではEDRのデータを使った事故分析が一般的に行われていないため、CDRの活躍の場は現時点ではないものの、「アメリカの次に、ヨーロッパやオーストラリア、中国でもEDR導入の準備が進められており、いずれ日本での普及が予想されることから、今回のショーでCDRを参考出品した」と里氏は述べた。
《小松哲也》

編集部おすすめのニュース

特集