大井川鐵道が七夕列車を7月1日~7月7日に運転

船舶 エンタメ・イベント

大井川鐵道(株)はSL列車を2013年7月1日~7月7日の期間で七夕列車として運転する。

対象となる列車は、新金谷駅発が11:45、千頭駅発が14:50のSL列車。七夕列車の先頭に七夕をデザイン(織姫、彦星、天の川)したヘッドマークが付いている。

新金谷駅前プラザロコ・SLセンターで希望の乗客には短冊を配付。願い事を書きいれた後、「願い事よ。汽笛といっしょに天まで届け」と念じながら、SL列車に乗って千頭駅へ。千頭駅に用意された笹に願い事を書いた短冊を自らの手で結び付けてほしいと大井川鐵道では説明している。

途中駅で下車するから、乗務員に短冊の結び付けを託すのはやめてほしいと大井川鐵道では訴えている。神社のおみくじを神木などに結び付けるのと同じ、やはり願いをかなえるならば、自らの手で結び付けるべきだろう。
《編集部》