【プロ・モトクロス選手権 第4戦】ハイ・ポイントの250クラスでムスキンが初の総合優勝

モーターサイクル エンタメ・イベント

250クラス第1モトのスタート
  • 250クラス第1モトのスタート
  • ケン・ロクゼン
  • ムスキンとロクゼンの争い
  • マーヴィン・ムスキン
  • マーヴィン・ムスキン
  • 250クラスの表彰台(左からトマック、ムスキン、ロクゼン)
ルーカス・オイル・プロ・モトクロス選手権は、6月8日にペンシルバニア州南部のマウント・モリスのハイ・ポイント・レースウェイで行われたゲイコ・ハイ・ポイント・ナショナルの250クラスで、マーヴィン・ムスキンがキャリア初の総合優勝を果たしたことを伝えた。

250クラスの第1モトではゲイコ・ホンダのザック・オズボーンがホールショットを奪ったが、ポイントリーダーのロクゼンがオープニングラップでオズボーンを交わしてトップに立った。そしてその後ろでコール・シーリーとムスキンが加わり、近接した先頭集団を作ったが、シーリーはクラッシュを重ねて結局リタイアとなってしまった。

第2ラウンドで総合優勝をしたイライ・トマックは第1モトのスタートで10番手となったが、このゲイコ・ホンダのライダーは先頭集団に素早く追いつき、ムスキンのすぐ後に続く3位でレースをフィニッシュした。第1モトはトップのロクゼンとムスキン、トマックの差はわずか10秒差でフィニッシュするという接戦だった。

第2モトではムスキンがホールショットを奪ったがオズボーンは果敢にアタックしてムスキンとのデッドヒートを繰り広げ、その間に後方では第1モトの勝者のロクゼンがジリジリと差を詰めて来た。ロクゼンは最終的にオズボーンをパスして2番手の位置を確保し、KTMのチームメイトでもあるムスキンとロクゼンのヨーロッパ組は、後続を引き離しにかかった。しかしロクゼンはムスキンにプレッシャーをかけ続けたが、遂に追いぬくことはかなわなかった。

イライ・トマックは第1モトで3位、第2モトで4位となって総合3位となり、彼のチームメイトのオズボーンは10位と3位で総合4位となった。250クラスのディフェンディングチャンピオンであるブレイク・バゲットは4位と8位という結果で総合でトップ5入りを果たした。

尚、ルーカス・オイル・プロ・モトクロス選手権第5戦は6月22日にメリーランド州のメカニクスビルで行われる予定である。

■ハイ・ポイント250クラス総合結果

1. マーヴィン・ムスキン(2-1)
2. ケン・ロクゼン(1-2)
3. イライ・トマック(3-4)
4. ザック・オズボーン(10-3)
5. ブレイク・バゲット(4-8)
6. ジャスティン・ボーグル(5-9)
7. ジェレミー・マーティン(9-6)
8. コッパー・ウェッブ(6-11)
9. ジョエイ・サバジー(13-5)
10. ジェイソン・アンダーソン(12-7)

()内は(第1モト順位‐第2モト順位)

■250クラス・ポイント・スタンディング

1. ケン・ロクゼン(185)
2. イライ・トマック(170)
3. マーヴィン・ムスキン(163)
4. ブレイク・バゲット(141)
5. ザック・オズボーン(127)
6. ジェイソン・アンダーソン(100)
7. コッパー・ウェッブ(90)
8. ジャスティン・ボーグル(89)
9. ジェレミー・マーティン(88)
10. カイル・カニンガム(81)
《河村兵衛》

編集部おすすめのニュース