【パイクスピーク13】dSPACE、三菱 MiEV Evolution IIにRCPシステムを供給

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

MicroAutoBoxII車載イメージ
  • MicroAutoBoxII車載イメージ
  • dSPACE、三菱自のヒルクライム参戦を支援
dSPACEは、 三菱自動車が6月に米国コロラド州で開催される「パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム2013」への参戦車両にラピッドプロトタイピング(RCP)システム「MicroAutoBoxII」を供給すると発表した。

dSPACE Japanは、三菱自のスポンサー企業として「MicroAutoBoxII」の提供を通じてEVレースマシンのテクニカルな面で協賛する。

「MicroAutoBoxII」は、4つのモーター、ブレーキを統合制御するECU(電子制御装置)で、参戦車両「MiEV EvolutionII」に搭載される。「MicroAutoBoxII」は、多数のセンサーやECUからの情報をもとに、車両の走行状態や駆動用バッテリーの状態を推定し、4つのモーターと各ブレーキを最適に制御することで、「MiEV EvolutionII」の安全、安定した高速走行を支援する。

三菱自の開発本部の百瀬信夫EV要素研究部長は「MicroAutoBoxIIは、MiEV Evolution IIのような先行車両の開発にとって、必要不可欠のツールで、今回はモデルベースの制御設計とシミュレーションのおかげで短期間の開発が達成でき、制御関係の実車確認に至っては、車両完成から実質1週間ほどで終えることができた」とコメント。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集