ドリフト走行に失敗、歩道に乗り上げ見物人が負傷

自動車 社会 社会

20日午前1時50分ごろ、神奈川県川崎市川崎区内の市道を走行中の乗用車が路外に逸脱。一部が歩道に乗り上げ、男性4人に接触する事故が起きた。4人は軽傷。警察はクルマを運転していた23歳の男を逮捕した。ドリフト走行に失敗したとみられる。

神奈川県警・川崎臨港署によると、現場は川崎市川崎区東扇島付近。事故当時は複数のクルマがドリフト走行していたが、このうち1台が丁字路交差点を左折する際に路外に逸脱。車体後部が歩道に乗り上げ、見物していた18-21歳の男性4人に接触した。

4人は打撲などの軽傷。警察はクルマを運転していた千葉県八千代市内に在住する23歳の男を自動車運転過失傷害の現行犯で逮捕している。

調べに対して男は「ハンドル操作を誤った」などと供述しているようだ。現場周辺は週末の深夜から未明に掛け、ドリフト走行するクルマや見物する人が多く訪れるという。

《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集