NASA、散開星団M35とNGC2158銀河の画像を公開

宇宙 科学

散開星団M35とNGC 2158
  • 散開星団M35とNGC 2158
  • NASA webサイト
星々が作る散開星団は様々な形態を示すが、NASAが公開したこの画像に写る銀河系の平面の付近で発見された星団は、ほとんど同時期に形成されたものだ。

明るいブルーの星々は、度々それがより若い散開星団であることを判別させる。左上にあるM35は、地球から2800光年と比較的近い距離にあり、誕生してから1億5千万年と若く、30光年の幅に約2500の星々が散らばる相対的に広がった様相を呈している。

そしてより古く、より凝縮された形の散開星団であるNGC2158は、イメージの右下に位置し、M35より4倍遠い距離にあり、10倍年を取っていて、さらにM35とほとんど同程度のボリュームの宇宙空間により多くの星々が寄り集まっている。NGC2158の青く明るい星々は、星団の光がより古く黄色い星々に圧倒され、自滅している状態にある。
《河村兵衛》

編集部おすすめのニュース

特集