月観測衛星が別の衛星の動きを撮影[動画]

宇宙 エンタメ・イベント

GRAIL Spacecraft Over the Moon
  • GRAIL Spacecraft Over the Moon
  • NASA webサイト
月を周回している人工衛星が、周回軌道を移動する別の衛星をとらえた初めての映像が、NASAによって公開された。

NASAのグラビティー・リカバリー・アンド・インテリア・ラボラトリー(GRAIL)ミッションために作られた2機の人工衛星のひとつ「フロー」。本機が、2012年5月3日に同じくNASAの人工衛星、ルナー・リコナイサンス・オービター(LRO)が約12マイル(20キロメートル)先を横切るビデオをキャプチャーした。

LROは画面左上から右下に向かって移動する単一の明るいピクセルで、大部分が暗闇の月の南極地域が背景になっている。動画の18秒過ぎから画面を通過する淡く光るドットは視認が困難なので、フルスクリーン・モードで鑑賞することを推奨する。なお、この撮影されたフィルムは、フローの「ムーンカム」カメラによって撮影されたものである。

《河村兵衛》

編集部おすすめのニュース

特集