フェラーリ599XX Evoを競り落としたGoogleエグゼクティブ、クルマへの愛とユーモア

自動車 ビジネス

ベンジャミン・スロス・トレイナーのGoogle+ profile picture
  • ベンジャミン・スロス・トレイナーのGoogle+ profile picture
  • フォード・ラプター、ライ麦パンをボンネットの上に(SVTPerformance.com)
  • フェラーリ458イタリア(SVTPerformance.com)
  • マクラーレン 12C スパイダー(SVTPerformance.com)
  • フェラーリ458イタリア
  • フェラーリ458イタリア
  • フェラーリ458イタリア
  • マクラーレン MP4-12C スパイダー
ベンジャミン・スロス・トレイナーはグーグル・エンジニアリングの副社長であり、自動車をこよなく愛している。

その彼は自動車フォーラムサイトでも非常に活動的であったが、フォーラム内のメンバーから、裕福さに対して疑念を抱かれていた。

そこで彼がフォード『ラプター』、フェラーリ『458イタリア』、マクラーレン 『12C』を所有していることを証明するために、パンと一緒に写真を撮って欲しいとフォーラムのメンバーが要望した時、彼は快くその義務を果たした。

彼はユーモアのセンスを持ち、次のようにリクエストに応じた。

まずフォードラプターにはヘルシーなニュヨークのライ麦パンをボンネットの上に乗せ、次にフェラーリ458にはイタリアン・ブレッドを、そして最後にマクラーレン 12C スパイダーにはイングリッシュ・クランペットを乗せて写真を撮影した。

その写真はSVTPerformance.comに掲載されている。

彼がユーモアに溢れる証拠は、彼のGoogle+ profile pictureに見ることができる。

トレイナーはまた、イタリアの地震の被害者への寄付を目的に行われたフェラーリ『599XX Evo』のオークションに勝った、グーグルのエグゼクティブでもある。
《河村兵衛》

編集部おすすめのニュース

特集