日本アジアグループ、北海道内3箇所にメガソーラー発電所の建設開始

自動車 ビジネス 企業動向
釧路星が浦ソーラーウェイの建設予定地
  • 釧路星が浦ソーラーウェイの建設予定地
  • 釧路音別ソーラーウェイの建設予定地
  • 中札内ソーラーウェイの建設予定地
グリーン・コミュニティの実現を目指し、国内外でメガソーラー発電所の開発に注力する日本アジアグループは、北海道内3箇所におけるメガソーラー発電所の建設に向け安全祈願祭を執り行い、建設を開始した。

同発電所は釧路市星が浦、釧路市音別、中札内村常磐の3箇所で建設し、出力合計は約3.7MW、一般家庭の約1100世帯に相当する規模の太陽光発電所となる。

総事業費は約11億円を見込み、発電した電力は北海道電力に売電する予定。パネルは高い実発電量の実績をもつソーラーフロンティアのCIS太陽電池モジュールを利用し、年度内の竣工を目指す。
《村尾純司@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • 日本アジアグループ、鹿児島県鹿屋市にハーフメガの太陽光発電所を開発 画像 日本アジアグループ、鹿児島県鹿屋市にハーフメガの太陽光発電所を開発
  • 日本アジアグループ、広島県尾道市で太陽光発電所を開発…0.6MW、200世帯相当  画像 日本アジアグループ、広島県尾道市で太陽光発電所を開発…0.6MW、200世帯相当
  • 大阪ガス子会社、明石市の太陽光発電事業をサポート 画像 大阪ガス子会社、明石市の太陽光発電事業をサポート
  • プロロジス、物流施設の屋根を活用した太陽光発電プロジェクト…全国合計24MW  画像 プロロジス、物流施設の屋根を活用した太陽光発電プロジェクト…全国合計24MW