フェラーリ幹部「急遽帰国」命令

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
ドメニカリ(フェラーリ。3月15日、F1オーストラリアGP)
  • ドメニカリ(フェラーリ。3月15日、F1オーストラリアGP)
  • アロンソ(フェラーリ。3月18日、F1オーストラリアGP)
  • マッサ(フェラーリ。3月18日、F1オーストラリアGP)
フェラーリのステファノ・ドメニカリ代表、技術部門の長であるパット・フライを含むF1チームの幹部数名がオーストラリアGP後にマレーシアに直行するのではなく、本拠地マラネロに帰国している。フェラーリF2012のパフォーマンス不足を受けて急遽ファクトリーで改良を実施するためだ。

オーストラリアGPではフェルナンド・アロンソとフェリペ・マッサ共に予選Q3進出に失敗したことがフェラーリにとっては衝撃的だったのだという。開幕戦で使用されたレースカー2台も同時にイタリアへ後送されたが、これは詳細な評価をするためであり、セパン前にアップグレードは予定されていない。

メルボルンではアロンソが何とか5位に入ったが、トップのジェンソン・バトン(マクラーレン)からはセーフティーカー導入を挟んでもなお20秒以上の遅れだった。マッサはレース12周を残してのリタイアだった。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 【F1オーストラリアGP】決勝…バトンが混戦を制す! 画像 【F1オーストラリアGP】決勝…バトンが混戦を制す!
  • 【日産 ダットサン 復活】ゴーン社長、2輪・中古車ユーザーに新車を 画像 【日産 ダットサン 復活】ゴーン社長、2輪・中古車ユーザーに新車を
  • ルノーの名車、アルピーヌ A110…日産GT-Rベースで復活か 画像 ルノーの名車、アルピーヌ A110…日産GT-Rベースで復活か

特集