ひとつで充分ではないんですよ

モータースポーツ/エンタメ 映画
公式ページ
  • 公式ページ
  • リドリー・スコット
 リドリー・スコットが新作「ブレードランナー」で再びメガホンを取ることになった。アルコン・エンターテインメントが製作を手がけるこの新作を、監督が1982年のオリジナル版の前章にするつもりなのか、それとも続編にするつもりなのかはまだ決定していないとDeadline.comは報じている。

 フィリップ・K・ディックのSF小説「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」を大まかな原作とするオリジナル版では、地球上に住む人造人間を見つけ出す役目を任された「ブレードランナー」のリチャード・デッカード(ハリソン・フォード)が、人造人間の女性に惹かれてしまうことで人生が大きく変化し、その女性が破壊されないようと葛藤する姿が描かれていた。今回の新作で、スコット監督がフォードに再演を依頼するかについては未定だ。

 現在「エイリアン」の前章にあたる「プロメテウス」を制作中のスコットは、その新作が「かなり危険な」感じの作品になると先日明かしていた。「この作品はかなり過激で危険なものになるよ。得体の知れないものって感じだね」「神や創造者についてなのさ。宇宙の創造主だよ。あとは生物戦争のために作られたエイリアンっていうのかな?それか惑星を破壊するような生物って感じかもね」。

リドリー・スコット、新作「ブレードランナー」を再度監督へ

《編集部@RBB TODAY》

編集部おすすめのニュース

  • トヨタ カムリ 新型、インテリアも見えた!! 画像 トヨタ カムリ 新型、インテリアも見えた!!
  • 【レクサス GS 新型】目指したのは「走りの新境地」 画像 【レクサス GS 新型】目指したのは「走りの新境地」
  • 【インタビュー】マツダ デミオ 水野主査…尋常ではなかった開発のプロセス 画像 【インタビュー】マツダ デミオ 水野主査…尋常ではなかった開発のプロセス