アップル、MacBook Pro 新型を発表---Sandy Bridge搭載

自動車 ビジネス 国内マーケット

アップル、Sandy Bridge搭載の新型MacBook Proを発表! Sandy Bridge搭載の新型MacBook Pro
  • アップル、Sandy Bridge搭載の新型MacBook Proを発表! Sandy Bridge搭載の新型MacBook Pro
  • アップル、Sandy Bridge搭載の新型MacBook Proを発表! Sandy Bridge搭載の新型MacBook Pro
  • アップル、Sandy Bridge搭載の新型MacBook Proを発表! Sandy Bridge搭載の新型MacBook Pro
  • 「Thunderbolt」のポート拡大図 「Thunderbolt」のポート拡大図
  • 「Thunderbolt」の端子 「Thunderbolt」の端子
  • 「Thunderbolt」の転送イメージ 「Thunderbolt」の転送イメージ
  • 「FaceTime for Mac」をHD画質で楽しめる 「FaceTime for Mac」をHD画質で楽しめる
  • マルチタッチパッドとキーボードの俯瞰図 マルチタッチパッドとキーボードの俯瞰図
 アップル・ジャパンは24日、同社のノートPC「MacBook Pro」を刷新。新たに5モデルを発表し、同日から販売を開始した。

■入出力最大10Gbpsの高速データ転送技術「Thunderbolt」を搭載、底上げを図りつつ前世代よりも値下げ

 5モデルの内訳は、13.3型が2モデル、15.4型が2モデル、17型が1モデル。すべてに第2世代Coreプロセッサー・ファミリー(開発コード名:Sandy Bridge)のCPUを搭載し、処理能力の底上げを図った。

 デザインはこれまでのアルミユニボディを踏襲。特長として、インテルが開発した高速データ転送技術の「Light Peak」を応用した「Thunderbolt」を採用。入出力で10Gbps(理論値)での高速転送を可能とした。

 「Thunderbolt」は、PCI ExpressとDisplayPortの技術をベースに開発されたもので、ディスプレイをはじめとするさまざまな周辺機器に1ポートでアクセス可能。最大で6つまで連結可能だとしており、大幅な拡張性と高速転送の両立をうたっている。

 また、MacBook Airにも採用されたビデオ通話機能「FaceTime for Mac」も新たに搭載され、iPhone、iPod touch、採用済みのMac同士などでビデオ通話が楽しめる。新型MacBook ProにはHD画質(720p)のwebカメラが搭載されており、このモデル同士であれば、HDの高画質通話をワイドスクリーンで行なえるとした。

■内蔵グラフィックスの13.3型は2モデル

 13.3型は2モデル。下位はデュアルコアCore i5(2.3GHz)、320GBのHDD、上位はデュアルコアCore i7(2.7GHz)、500GBのHDDを搭載。価格は下位が108,800円、上位が134,800円。Core 2 Duo搭載の前モデルに比べ、処理能力とHDD容量の向上を図りながらも、価格は下位で6千円、上位で4千円の値下げとした。

 プロセッサーの処理速度は、一世代前のモデルと比較して最大2倍の高速性を誇るとした。両製品ともにグラフィックスは内蔵型のHDグラフィックス3000を採用。また、ワイヤレスでweb閲覧を行なった際には、最大で約7時間の駆動が可能だとしている。

 おもな共通仕様は、液晶解像度が1,280×800ピクセル、メモリが4GB(最大8GB)、光学ドライブがDVDスーパーマルチ、有線LANがギガビットイーサネット、無線LANがIEEE802.11a/b/g/n、Bluetooth 2.1+EDRに準拠。インターフェースはThunderbolt /FireWire 800/SDXCカードスロット/USB2.0×2/ヘッドホンなど。ThunderboltはMini DisplayPort出力に対応し、HDMI出力、DVI出力、ミニD-sub15ピン出力には別途変換アダプタを用意する必要がある。

 ストレージ・オプションとして500GBのHDDのほか、128GB/256GB/512GBのSSDに対応する。本体サイズは幅325×高さ24.1×奥行き227mm、重さは2.04kg。

■15.4型はクアッドコアCore i7の2モデル

 15.4型は2モデルを用意し、ともにクアッドコアのCore i7を搭載。下位がCore i7(2GHz)、500GBのHDD、上位がCore i7(2.2GHz)、750GBのHDDを採用した。価格は下位が158,800円、上位が189,800円。

 ともに専用グラフィックスを搭載し、下位はRadeon HD 6490M(ビデオメモリは256MB)、上位はRadeon HD 6750M(ビデオメモリは1GB)。これにより、グラフィックス性能は旧モデルに比較して最大で3倍高速になったという。また、内蔵のHDグラフィックスとの自動グラフィックス切り替え機能を搭載し、ビジュアル負荷のかかる場合には専用グラフィックスを、負荷の少ない通常作業のときにはHDグラフィックスを自動で選択。省電力化にも一役買っている。

 ワイヤレスでのweb閲覧時の最大駆動時間は約7時間。おもな共通仕様は液晶解像度が1,440×900ピクセル、メモリが4GB(最大8GB)、光学ドライブが DVDスーパーマルチ、有線LANがギガビットイーサネット、無線LANがIEEE802.11a/b/g/n、Bluetooth 2.1+EDRに準拠。インターフェースはThunderbolt/FireWire 800/SDXCカードスロット/USB2.0×2/ヘッドホンなど。ThunderboltはMini DisplayPort出力に対応し、HDMI出力、DVI出力、ミニD-sub15ピン出力には別途変換アダプタを用意する必要がある。

 上位モデルではCPUオプションとしてクアッドコアCore i7(2.3GHz)を選択可能。ストレージ・オプションとして128GB/256GB/512GBのSSDに対応する。また液晶のオプションとして1,680 × 1,050ピクセル(光沢または非光沢パネル)を選択可能。本体サイズは幅364×高さ24.1×奥行き249mm、重さは2.54kg。

■最上位17型は1モデル
 
 最上位の17型は1モデル。フルHDを超えた1,920×1,200ピクセル液晶、クアッドコアのCore i7(2.2GHz)、メモリが4GB(最大8GB)、HDDが500GB、光学ドライブがDVDスーパーマルチ。グラフィックス には15.4型の上位モデル同様、Radeon HD 6750M(ビデオメモリは1GB)を搭載し、自動グラフィックス切り替え機能を備える。価格は214,800円。

 ワイヤレスでのweb閲覧時の最大駆動時間は約7時間。おもな仕様は有線LANがギガビットイーサネット、無線LANがIEEE802.11a/b/g/n、 Bluetooth 2.1+EDRに準拠。インターフェースはExpressCard/34スロット/ Thunderbolt/FireWire 800/ USB2.0×3/ヘッドホンなど。このモデルのみ、USBポートが1基増設され、SDXCカードスロットの代わりにExpressCard/34スロットが搭載された。ThunderboltはMini DisplayPort出力に対応し、HDMI出力、DVI出力、ミニD-sub15ピン出力には別途変換アダプタを用意する必要がある。

 CPUオプションとしてクアッドコアCore i7(2.3GHz)を選択可能。ストレージ・オプションとして128GB/256GB/512GBのSSDに対応する。また、非光沢パネルもカスタマイズ可能。本体サイズは幅393×高さ25×奥行き267mm、重さは2.99kg。

アップル、Sandy Bridge搭載の新型MacBook Proを発表!

《小口@RBB TODAY》

編集部おすすめのニュース