ノキアとマイクロソフトが戦略的パートナーシップを締結

自動車 ビジネス 企業動向

ノキア 社長兼CEO Stephen Elop氏 ノキア 社長兼CEO Stephen Elop氏
  • ノキア 社長兼CEO Stephen Elop氏 ノキア 社長兼CEO Stephen Elop氏
  • マイクロソフト CEO Steven Ballmer氏 マイクロソフト CEO Steven Ballmer氏
 ノキアとマイクロソフトは11日(英国時間)、両社の戦略的パートナーシップの締結を正式に発表した。これによりノキアは自社製スマートフォンのプラットフォームとして、マイクロソフトの「Windows Phone 7」OSを採用するほか、マーケティング戦略や開発などを含め幅広く提携を進めていく。

 ノキア 社長兼CEO Stephen Elop氏は、「今日の開発者や通信事業者、ユーザーは単に端末だけでなく、ソフトウェアやサービス、アプリケーション、顧客サポートを含んだモバイル製品を求めている。ノキアとマイクロソフトは、グローバルなエコシステムを展開していくためにそれぞれの強みを合わせていく」と述べた。

 両社のプレスリリースに掲載された、今回の提携による主な要素は以下。

・主要なスマートフォン戦略として、ノキアはWindows Phoneを採用する

・ノキアはハードウェアの設計、多言語のサポートをWindows Phoneに提供する

・両社は将来のモバイル製品の発展に向けて、マーケティングや、開発のロードマップなどについて緊密に協業する

・ノキア製端末はマイクロソフトの検索エンジン「Bing」を採用。またマイクロソフトの広告配信プラットフォームは、ノキア端末やサービスへ検索広告サービスを提供

・「Nokia Maps」は、マイクロソフトのマッピングサービスの中核となる。Nokia MapsはBingやadCenterに組み込まれる

・ノキア製Windows Phone上で動作するアプリケーションの製作には、マイクロソフトの開発者ツールを用いる

・ノキアのアプリケーションストアは、マイクロソフトのアプリケーション販売サービス「Microsoft Marketplace」に統合される。

 「Symbian」OSや「MeeGo」OS搭載端末の提供は引き続き行う。

NokiaとMicrosoftが戦略的パートナーシップを締結

《編集部@RBB TODAY》

編集部おすすめのニュース

特集