ピレリ、F1タイヤテスト開始

来季からブリヂストンに変わってF1へのタイヤ独占供給を始めるピレリが、本格的にタイヤ開発テストを開始している。

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
メルセデスGP在籍時
  • メルセデスGP在籍時
  • F1タイヤ開発部門首脳陣
来季からブリヂストンに変わってF1へのタイヤ独占供給を始めるピレリが、本格的にタイヤ開発テストを開始している。

一般的に初期のタイヤ開発テストは、既存チームのマシンやドライバーで行うと不公平になるため慎重に行われるのが一般的だ。2011年からF1タイヤサプライヤーになるピレリの動向はそういった意味でも注目を集めていた。

ピレリの選択肢は、開発シャシーを2009年型トヨタ「TF109」に、開発ドライバーはニック・ハイドフェルドという布陣だった。トヨタであればすでにF1を撤退しており既存チームとの利害関係は少ない。ハイドフェルドはメルセデスGPのリザーブドライバー契約を解除してピレリとテストドライバー契約を結んだもの。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集