レイ&アスカのコスプレRQが秋葉原に登場

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

12日、東京秋葉原のアニメイト秋葉原店に、エヴァンゲリオンの綾波レイとアスカのコスプレに扮するレースクイーンが登場。会場にはカメラを手にする人たちが大勢集まり撮影会状態となっていた。

登場したのは、アニメーション『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』とタイアップするエヴァンゲリオンレーシングのレースクイーン水谷望愛さん(レイ役)と千葉悠凪さん(アスカ役)の2人。会場では間近でレースクイーンの撮影ができるので通りすがりの人も携帯電話のカメラで撮影に参加していた。

イベントはエヴァンゲリオンレーシングの個人スポンサー募集の一環として開催されたもので、個人スポンサー特典グッズとして「レイ&アスカのRQフィギュア」もお披露目された。

エヴァンゲリオンレーシングは、これまで『トイストーリ』や『カーズ』など、レーシングチームとアニメーションのタイアップを手がけてきたラナエンタテイメントによるもの。チームのSUPER GT参戦マシンも「エヴァンゲリオン初号機がレーシングマシンにトランスフォーメーションしたら」というコンセプトにデザインするなど作品の世界観を反映したものになっている。

イベント担当者によれば、エヴァンゲリオンを採用した反響は大きく今後もこうしたイベントの開催を検討しているという。サーキットでの活躍が中心となるレースクイーンが秋葉原にやってきてモータースポーツをアピールするという取り組みは、新たなファン層の獲得にもつながりそうだ。

なお、レースクイーンの2人は、13日の12時 - 16時にも登場。当日店頭で個人スポンサーに申込むとレースクィーンと撮影ができる特典が用意されている。
《》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集