【名古屋キャンピングカーフェア10】グッドデザイン受賞のソーラーシステム

自動車 ニューモデル モーターショー
トイファクトリーECOキャンパー。ルーフソーラーパネル
  • トイファクトリーECOキャンパー。ルーフソーラーパネル
  • トイファクトリーECOキャンパー。ルーフソーラーパネル(装着)
  • トイファクトリーECOキャンパー。バスコン車への装着例
  • トイファクトリーECOキャンパー。アクリルウインドウ
  • トイファクトリーECOキャンパー
『名古屋キャンピングカーフェア2010 SPRING』(名古屋ポートメッセ、2月27 - 28日)で、岐阜県可児市のトイファクトリーは「ECOキャンパー」として環境に優しいキャンピングカーを展示し、多くの来場者の注目を集めた。

同社はかねてより、樹脂フレームやアクリルウインドーを採用した、保温性に優れた高断熱性能を持つキャンピングカーを製造している。

キャンピングカーの環境負荷を低減するというコンセプトのさらなる実現のため、採用したのが太陽光発電システムだ。太陽光発電パネルの搭載自体は15年以上前から取り組んでいると言う。

今回展示した「ルーフソーラーパネル」では、太陽光発電パネルをオリジナルの成型ルーフに組み込み、空力特性にも優れたスタイリッシュなパーツとしている。空力特性まで考えたデザインで、キャンピングカーではもちろん、自動車のアフターパーツとしても、あまり前例のないグッドデザイン賞を受賞している。

発電量は年間で約166kWh。日本の全電力におけるCO2発生量と比較すると、年間約52kgのCO2排出削減につながるという。

同社の猪瀬氏によるとルーフソーラーパネルを搭載したキャンピングカーで2週間のツアーを行ったところ、昼間走行し、夜は車内泊という使い方でサブバッテリー内の電力がなくなるという事はなかったとのこと。

トイファクトリーでは今後、ルーフソーラーパネルを標準化し、ECOキャンパーの普及に努めていくという。

ルーフソーラーパネルは後着けタイプなので、すでにキャンピングカーに乗っているユーザーでも導入が可能だ。価格は28万円から。
《萩野公慈》

編集部おすすめのニュース

  • ホンダソルテックの太陽電池、甲子園球場で稼動 画像 ホンダソルテックの太陽電池、甲子園球場で稼動
  • 京セラが太陽電池セルを増産、販売体制も強化 画像 京セラが太陽電池セルを増産、販売体制も強化
  • ニューノーマル時代のキャンピングカー『レクビィ・プラスMR』発売…2人利用に特化 画像 ニューノーマル時代のキャンピングカー『レクビィ・プラスMR』発売…2人利用に特化
  • キャンピングカーの総合掲示板、「教えて!キャンピングカー」オープン 画像 キャンピングカーの総合掲示板、「教えて!キャンピングカー」オープン

特集

おすすめのニュース