日産とジヤトコ、次世代CVTを共同開発…副変速機を搭載

自動車 ニューモデル 新型車
日産とジヤトコ、次世代CVTを共同開発…副変速機を搭載
  • 日産とジヤトコ、次世代CVTを共同開発…副変速機を搭載
  • 日産とジヤトコ、次世代CVTを共同開発…副変速機を搭載
  • 日産とジヤトコ、次世代CVTを共同開発…副変速機を搭載
日産自動車と、関連会社であるジヤトコは7月22日、小型軽量化とフリクションの低減を実現した次世代の無段変速機(CVT)を共同開発したと発表した。日産は今後、この技術をグローバルに採用していく。

この次世代CVTは従来のベルトによる無段変速機に加え、副変速機を備える独自の構造を採用することで、変速比を大幅に拡大するとともに小型軽量化、高効率を実現した。

独自構造により、変速比幅7.3と、従来の同クラスのCVTと比較して20%以上変速比幅を拡大した。これは有段ATと比較すると大排気量車などに搭載されている7速ATを超え、世界最大の変速比幅となり、レスポンスのよい発進加速と、高速走行時の静粛性の向上を実現した。

この世界初となるベルトによる無段変速機と副変速機の組み合わせという画期的な独自構造を採用することで、従来の同クラスのCVTに比べ10%全長を短縮し、13%の軽量化した。

さらに、変速比幅の拡大、プーリーの小型軽量化、オイル攪拌抵抗の低減などにより、従来の同クラスのCVTに比べてフリクションを30%低減し、単体の効率向上を図った。この次世代CVTは、加減速、登坂・降坂など運転状況に応じて最適なギアを選択する制御技術である「アダプティブシフトコントロール」(ASC)を採用し、発進・加速性能などの運転性の向上も図っている。

日産のパワートレイン担当の西村周一執行役員は「日産は、内燃機関用トランスミッションとして、CVTを重要な燃費向上技術と位置づけており、1991年のCVT採用以来、エンジンとの協調制御など、常に継続して進化させるとともに、採用拡大を推し進めてきた。今回、さらなるCO2削減をめざし、大きくステップアップする必要があると考え、次世代CVTを共同開発した」とコメントしている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集