【レクサス IS250C 試乗】開発責任者氏はわかっていない…金子浩久

試乗記 国産車
【レクサス IS250C 試乗】開発責任者氏はわかっていない…金子浩久
  • 【レクサス IS250C 試乗】開発責任者氏はわかっていない…金子浩久
  • 【レクサス IS250C 試乗】開発責任者氏はわかっていない…金子浩久
  • 【レクサス IS250C 試乗】開発責任者氏はわかっていない…金子浩久
  • 【レクサス IS250C 試乗】開発責任者氏はわかっていない…金子浩久
  • 【レクサス IS250C 試乗】開発責任者氏はわかっていない…金子浩久
レクサス『IS250C』は「IS250」の電動開閉ハードトップ版。開閉時間は20秒と、プジョー『308CC』に並ぶ。しかし、308CCは10km/hまでならば走行中でも開閉ができるのに対して、IS250Cは停止していなければ開閉不可能。  

開発責任者氏に訊ねると、「50km/hまでなら技術的に可能に作ってあるが、あえて安全面を考慮して0km/hでないと開閉できないように作ってある」とのこと。オープンカーにおいて、停まっていなければ開閉できないのと、たとえ10km/hでも走行中に開閉できる違いは天と地ほどに大きい。4人乗り電動ハードトップなら、なおさらだ。  

その違いの大きさを、開発責任者氏は認識されていないようだった。マニュアルシフト機能付き6速ATのロジックも古い。オープンエアドライビングを積極的に楽しむ指向のない人によってまとめ上げられていることが露呈している。こういうクルマは、“好きな”人が担当しないと魅力を生み出せない。  

■5つ星評価 
パッケージング:★★ 
インテリア/居住性:★★ 
パワーソース:★★★ 
フットワーク:★★★★ 
オススメ度:★★  

金子浩久|モータリングライター 
1961年東京生まれ。著書に、『10年10万キロストーリー』、『セナと日本人』、『地球自動車旅行』、『ニッポン・ミニ・ストーリー』、『レクサスのジレンマ』、『力説自動車』(共著)などがある。
《金子浩久》

編集部おすすめのニュース

特集