GMのワゴナー会長兼CEOが辞任

自動車 ビジネス 企業動向

GMは30日、再建計画の一環として、首脳陣の人事を発表した。これまで会長兼CEOの任にあったリック・ワゴナーは辞職する。後任のCEOはフリッツ・ヘンダーソン。新人事は同日から有効。

ワゴナー(56歳)は2000年に社長兼CEOに就任、03年からCEO。ヘンダーソン(50歳)は08年から社長兼COO、その前は副会長兼CFOだった。

また会長職には、ノースロップ・グラマン社の名誉会長、ケント・クレーサが、暫定的に非重役待遇で任命された。
《高木啓》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集