単独事故を起こし、自力脱出した男性が後続車にはねられ死亡

自動車 社会 社会

24日深夜、埼玉県蓮田市内の東北自動車道下り線で、本線上を歩いていた60歳の男性が後ろから進行してきた大型トラックにはねられる事故が起きた。男性は死亡。警察はトラックを運転していた34歳の男を現行犯逮捕している。

埼玉県警・高速隊によると、事故が起きたのは24日の午後10時30分ごろ。蓮田市黒浜付近の東北自動車道下り線で、第1車線を歩いていた男性が後方から進行してきた大型トラックにはねられた。

男性は全身を強打し、ほぼ即死の状態。警察は大型トラックを運転していた34歳の男を自動車運転過失傷害の現行犯で逮捕。男性の死亡確認後は容疑を同致死に切り替え、調べを進めている。

現場は片側3車線の直線区間。死亡した男性の運転するクルマは東北道下り線の本線と、蓮田サービスエリアに向かう車線の間に設置された分離帯に衝突し、中破する単独事故を起こしていた。警察では車外に自力脱出した男性が前後不覚のまま本線に進出し、後続車にはねられたものとみている。
《石田真一》

関連ニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

特集

おすすめの商品