トンネル内を走行していた自転車に大型トラック追突

自動車 社会 社会

9日午後、千葉県長南町内の国道409号で、トンネル内の路肩を走行していた自転車に対し、後ろから進行してきた大型トラックが追突した。この事故で自転車に乗っていた81歳の男性が死亡。警察はトラックを運転していた男を逮捕している。

千葉県警・茂原署によると、事故か起きたのは9日の午後1時45分ごろ。長南町深沢付近の国道409号・笠森第2トンネル(全長約140m)で、道路左側の路肩を走行していた自転車に対し、後ろから進行してきた大型トラックが追突した。

自転車はトラックの下敷きとなり、乗っていた81歳の男性は頭部強打でまもなく死亡。警察はトラックを運転していた69歳の男を自動車運転過失致死容疑で逮捕している。

現場は片側1車線のトンネル内。幅員の狭い歩道が設置されているが、自転車は車道の路肩を走行していたという。調べに対して男は「自転車には気がつかなかった」と供述しているようだ。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集