千代田化工建設、カタール企業とLNG・ガス処理プラントに関する長期契約を締結

自動車 ビジネス 企業動向

千代田化工建設は12日、カタールの現地子会社千代田アルマナエンジニアリング社を通じて、同国のラスガスカンパニーリミテッド社向けに中小規模の設計・調達・建設管理業務の長期サービス契約を締結したと発表した。

契約期間は今年3月から4年間。千代田アルマナ社は、ラスガス社がラスラファン工業団地に保有する建設中を含む計7系列のLNGプラントと大型ガス処理プラント計2系列などの設備に対し、ラスガス社の長期パートナーとして、中小規模の設計・調達・建設管理業務を請け負う。

千代田化工建設は2008年にカタールのアルマナ社と合弁会社として千代田アルマナ社を設立し、LNG・ガス処理プラントなどで多数の建設実績を持つ同国で、プラント建設後の顧客のプラントオペレーションへのサポート体制を構築してきた。
 
今回サービス契約の受注では、信頼性の高いサービスを継続的にラスガス社へ提供してきた実績、サポート体制を構築したことが高く評価されたとしている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース