路上駐車のキャリアカーに追突、後続トラックの運転者死亡

自動車 社会 社会

7日夜、富山県高岡市内の国道8号で、路肩に停車していた大型トラック(キャリアカー)に対し、後ろから進行してきた別の大型トラックが追突した。この事故で追突車を運転していた男性が死亡している。

富山県警・高岡署によると、事故が起きたのは7日の午後9時40分ごろ。高岡市千石町付近の国道8号で、路肩に停車して乗用車の積み下ろし作業を行っていたキャリアカーに対し、後ろから進行してきた大型トラックが追突した。

追突車は運転席部分が大破。運転していた47歳の男性は頭部強打などが原因でまもなく死亡している。

現場は片側2車線。キャリアカーはハザードランプを点灯させていたという。警察では追突側の漫然運転が事故の主因とみているが、現場が駐車禁止区域であったことから、キャリアカーの運転者からも自動車運転過失致死容疑で事情を聞く方針だ。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集