リケン、通期業績見通しを下方修正

自動車 ビジネス 企業動向

リケンは、2009年3月期の通期連結業績見通しの下方修正を発表した。最終損益は11億円の黒字を予想していたが15億円の赤字となる見通し。

売上高は850億円を予想していたが800億円にとどまる。営業損益は25億円の黒字から5億円の赤字、経常損益が30億円の黒字から収支トントンに下方修正した。

自動車業界向けなどが第4四半期に予想以上に受注減少が見込まれる。損益でも、棚卸資産の評価に関する会計基準に基づき収益性の悪化した棚卸資産の減損約6億5000万円を売上原価に計上する見込み。

期末の配当予想についても1株につき3円とし、前回予想から2円減配する。年間配当金は8円にとどまる見通し。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集