日本無線、通期業績見通しを修正

自動車 ビジネス 企業動向

日本無線は、2009年3月期の通期連結決算業績見通しの修正を発表した。最終利益が、14億円を予想していたが7億円にとどまる見通し。

同社の取引先である、Eclipse Aviation Corporationが米国の連邦破産法第7章による倒産手続に入ったことに伴って引当金未計上の債権1億5100万円全額に対し貸倒引当金を計上するとともに、同社向けに生産・出荷を予定していた棚卸資産の評価損など3億8800万円を特別損失として新たに計上するため。

そのほか、売上高は前回予想の1220億円を据え置き、営業利益は20億円から22億円に上方修正。経常利益も11億円から13億円に上方修正した。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集