日産、ポルトガルで リチウムイオンバッテリー工場 を建設へ

自動車 ビジネス 企業動向

日産自動車は2日、ポルトガルでリチウムイオンバッテリー生産工場を建設すると発表した。同国政府と工場建設に向けて協議する同意書に調印した。日産の高性能リチウムイオンバッテリーの生産拠点は日本に続いて2か所目となる。

リチウムイオンバッテリー生産工場の建設をポルトガル政府協力の下で行うことで、ポルトガルは日産が欧州で2012年に開始予定の電気自動車量販計画の中核として位置づけられることになる。

ポルトガルは、ゼロ・エミッションモビリティの実現に向けた計画に関して、ルノー、日産と昨年11月に最終的に合意している。同計画では、2011年までに1300か所に充電ステーションを設置し、電気自動車の購入者に対し所得減税措置など様々な優遇措置を実施することで合意している。
 
日産のカルロス・タバレス副社長は「ポルトガルにリチウムイオンバッテリーの生産工場を建設するという計画の策定は、日産にとって極めて重要な意味を持つ。ポルトガルにとっても、欧州でのゼロ・エミッション社会への移行における同国の先導的位置付けが確実なものとなる」としている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集