三菱、環境に優しい 本社ショールームがオープン

自動車 ビジネス 企業動向

三菱自動車は、3月27日から情報発信拠点として本社1階に企業コミュニケーションワード「Drive@earth」の理念である「地球を走る、地球を生きる」を具現化したショールームをオープンすると発表した。LED照明などの省エネ照明を導入し、内装には土や植物などの自然素材を用いる。

ショールームのLED照明とディフューザー付きHID照明を併用して室内の明るさに濃淡をつけた照明手法は、環境省が推進する「2008年度省エネ照明デザインモデル事業」に採択され、モデル事業として認定された。従来のショールーム照明に比べ消費電力量を約35%低減、年間約19トンのCO2排出量を削減しながらも、ショールームとして明るさも確保。
 
内装は、「大地と先進性」をテーマに設定し、受付には左官アーティスト挟土秀平氏による土壁の「大地のアートワーク」を施す。企画展示スペース「環境ギャラリー」には床材に自然素材の手作りテラコッタタイルを使用、壁面は植物を装飾した「ウォールガーデン」で自然の風景を演出する。
 
さらに、ショールーム内には「風」をモチーフとした「コーポレートビジョンウォール」を配置するなど、自然を取り入れた空間を創出する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集