ユタカ技研、通期業績見通しを下方修正…減配・役員報酬カット

自動車 ビジネス 企業動向
ユタカ技研は、2009年3月期の通期連結業績見通しの下方修正を発表した。売上高は2360億円を予想していたが2020億円にとどまる見通し。

営業利益を66億円から27億円、経常利益を67億円から24億円にそれぞれ下方修正した。当期純利益は33億円の予想から2億5000万円に下方修正した。

第3四半期まで増収だったが、1−3月期に自動車メーカーの減産本格化で受注が減少するほか、トラック部品の売上げ構成が減少する見通し。損益でも売上げ減と予想を上回る円高影響が大きかった。

業績悪化に伴って、期末の配当予想を従来予想の1株当たり19円を11円に減配。また、経営責任を明確化するため、役員の月額報酬を2月から一律10%削減する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 八千代工業、通期業績見通しを下方修正…ホンダ減産の影響 画像 八千代工業、通期業績見通しを下方修正…ホンダ減産の影響
  • ショーワの通期業績見通し、最終赤字が133億円 画像 ショーワの通期業績見通し、最終赤字が133億円
  • 静岡スバル、通期業績見通しを下方修正 画像 静岡スバル、通期業績見通しを下方修正
  • USS、通期業績見通しを下方修正 画像 USS、通期業績見通しを下方修正
  • ブリヂストン、通期業績見通しを下方修正…制裁金70億円を特別損失計上 画像 ブリヂストン、通期業績見通しを下方修正…制裁金70億円を特別損失計上

特集