トヨタファイナンス、タクシー4社に非接触IC決済サービス導入 北陸と名古屋

自動車 ビジネス 企業動向

トヨタファイナンスは、北陸地区の魚津交通、名古屋地区の明和グループの東海交通、すみれタクシー、さくら交通の3社のタクシーに非接触IC決済サービスを導入することで合意した。

タクシーには、『QUICPay』と『iD』の共用読み取り端末を導入する。共用読み取り端末方式での導入は、名古屋地区は累計7社、北陸地区では初めてとなる。

タクシーへの非接触IC決済サービスの導入は、顧客の利便性向上と同時に、車内のキャッシュレス化によるタクシー強盗などの犯罪防止に寄与できるとしてトヨタファイナンスが導入を推進している。今後も、利用ニーズの高い地域を中心に、タクシーへの非接触IC決済サービスの導入を、共用読み取り端末方式で引続き推進していく方針だ。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集