オリックス自動車とオートサーバーが提携、ASネット会員が入札会に参加可能に

自動車 ビジネス 企業動向

オリックス自動車は、オートサーバーと提携し、オートサーバーの会員への中古車販売を開始すると発表した。

オリックス自動車は、商用車を中心としたメンテナンスリース契約終了車やレンタカー車両などについて全国5か所の自社入札会場で会員600社向けに販売している。

今年4月にはアイオーク、9月にはシグマネットワークスと提携して販路の拡大を図ってきた。

今回、ウェブ入札代行業大手のオートサーバーと提携、オートサーバーが運営するインターネットオークションサイト「ASネット」に参加する3万6000社は、オリックス自動車が開催する入札会に参加できるようになる。

オリックス自動車は今後もリース事業の一環である売却事業を強化していく方針だ。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集