JOGMEC、カナダで新規ウラン共同探鉱を開始

自動車 ビジネス 企業動向

石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)は、経済産業省から補助金の交付を受けて実施している海外ウラン探鉱支援事業で、新規のウラン共同探鉱をカナダのサンスカチュワン州で開始したと発表した。

新しい調査対象地域であるボーダーブロック地域は、カナダ・サスカチュワン州サスカトゥーン市の北方約700kmに位置し、世界の4分の1のウラン生産で知られるアサバスカ堆積盆地に位置している。

現在、同盆地にて実施中のウラン共同探鉱第1号案件であるバージントレンド地域につぐ2つ目の案件で、共同探鉱の相手は、カナダの探鉱会社タイタン・ウラニウム社。

JOGMECは4年間で合計600万カナダドルの探鉱費用を負担することで、このプロジェクトの50%の権益を獲得できる。また、プロジェクトの開発が決定された後、更に2年間で600万カナダドルを拠出することで、全ての生産物の販売権を得ることができる。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集