ニッパツ中間決算…自動車向け好調で増収増益 通期見通しは下方修正

自動車 ビジネス 企業動向

ニッパツが発表した2008年9月中間期の連結決算は、営業利益が前年同期比4.0%増の117億4700万円と増益だった。

売上高は同11.1%増の2501億3100万円と2ケタの増収となった。懸架ばねは国内自動車生産台数増加と北米事業の収益改善が寄与したほか、シート事業も受注車種の新車効果で大幅な増収となった。精密部品事業もHDD用サスペンションのアジア地域で増加した。
 
収益では為替変動による減益効果があったものの、シート事業などの収益増加などで増益となった。経常利益は同12.9%増の141億700万円、当期純利益は前年度に株式売却益を計上したため、同1.1%減の90億7300万円となった。
 
通期業績見通しは自動車関連向けの販売減少、情報機器関連の在庫調整の長期化などを見込んで下方修正した。売上高が同2.5%増の4970億円、営業利益が同30.8%減の210億円、経常利益が同20.2%減の250億円、当期純利益が同21.4%減の160億円となる見通し。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集