Wii『スカイ・クロラ イノセン・テイセス』…押井映画がベースの戦闘フライトシム

モータースポーツ/エンタメ ゲーム

Wii『スカイ・クロラ イノセン・テイセス』…押井映画がベースの戦闘フライトシム
  • Wii『スカイ・クロラ イノセン・テイセス』…押井映画がベースの戦闘フライトシム
  • Wii『スカイ・クロラ イノセン・テイセス』…押井映画がベースの戦闘フライトシム
  • Wii『スカイ・クロラ イノセン・テイセス』…押井映画がベースの戦闘フライトシム
Wii用ドラマチックフライトシューティング『スカイ・クロライノセン・テイセス』が、バンダイナムコゲームスのナムコレーベルから発売中だ。夏に公開された押井守監督の劇場映画をベースにした作品である。

本作の特徴は、まず戦闘機の操縦システム。Wiiヌンチャクを操縦桿、Wiiリモコンをスロットルに見立てた形で、自機を操縦していく仕組みとなっている(クラシックコントローラーなどでも操作可能)。

戦闘機は、現実の第2次世界大戦時のレシプロ機がもう少し進歩した感じのものが多い(ジェット機らしき機体も見かけられる)。武装は機銃が基本となっている。また、2P用のWiiリモコンを用意すれば、アシストプレーが可能。2P用の標準で敵機をねらい打てるようになる仕組みだ。

もうひとつのポイントは、全世界で1000万本以上を売るコンバット系フライトシムの代表作である『エースコンバット』シリーズのスタッフが制作を手がけている点。同シリーズは、バンダイナムコゲームス設立前のナムコ時代から続く名作。いわば、本作は『エースコンバット スカイ・クロラ版』ともいえる作品となっている。

物語は、いくつかの大戦を経て、平和を手に入れることができた世界が舞台となる。しかし、人々は戦争がないことが逆に不安となっており、そこで生み出されたのが、政府と契約した企業によって行なわれるショーとしての戦争だった。プレーヤーは、そのショーとしての戦争を行う戦闘機パイロットのひとりを演じることになる。

映画と同じ世界観で、戦死しない限りは永遠に思春期のまま生きられる「永遠の子供たち《キルドレ》」と呼ばれる者たちも登場するが、登場キャラクターはゲームオリジナルとなっている。いわゆる、もうひとつの「スカイ・クロラ」が語られていくというわけだ。

価格は7140円。
《デイビー日高》

編集部おすすめのニュース

特集