現場へ向かうパトカー同士が出会い頭衝突

自動車 社会 社会

10月27日午後、愛知県名古屋市中川区内の市道で、事件発生の一報を受けて現場に急行していた愛知県警・機動捜査隊の捜査車両(覆面パトカー)と、中川署のパトカーが出会い頭に衝突する事故が起きた。捜査車両は道路沿いの民家にも突っ込んだ。

同署によると、事故が起きたのは10月27日の午後3時55分ごろ。名古屋市中川区西日置10丁目付近の市道で、強盗事件発生の一報を受け、現場に向かって急行していた県警・機動捜査隊の覆面パトカーと、交差道路を進行してきた同署・地域課のパトカーが出会い頭に衝突した。

覆面パトカーは衝突の弾みで路外へ逸脱。道路脇にある店舗兼民家に突っ込んだ。ガラス2枚が割れたが、居合わせた住人にケガはなかった。パトカー2台の警官も無事だという。

現場は信号機の設置された交差点。双方ともサイレンと赤色灯を使用していた。警察では双方の安全確認に怠りがあったものとみて、運転者から事情を聞いている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集