飲酒当て逃げの男、「運転は代行業者」と容疑否認

自動車 社会 社会

26日未明、福岡県福岡市中央区内の市道で、対向車線側に逸脱してきた乗用車が、対向車線を順走してきた別の乗用車と接触する事故が起きた。クルマはそのまま逃走したが、警察は後に23歳の男を飲酒や無免許運転の現行犯で逮捕している。

福岡県警・中央署によると、事故が起きたのは26日の午前2時55分ごろ。福岡市中央区港1丁目付近の市道を走行していた乗用車が対向車線側に逸脱。対向車線を順走してきた別の乗用車と接触した。

被接触側のクルマは小破したが、逸脱してきたクルマはそのまま逃走。運転者はこれを追跡しながら警察に通報。警察は逃走したクルマを抑止し、運転していた23歳の男を拘束した。

男は酒に酔った状態で、呼気からは酒気帯び相当量のアルコール分を検出。運転免許証は約2年前に失効していたことも判明したことから、道路交通法違反(酒気帯び、無免許運転)の現行犯で逮捕。事故不申告容疑でも調べを進めている。

調べに対して男は「運転は代行業者がやっていた、自分ではない」などと容疑を否認しているという。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集