追い抜き時にバランスを崩す 3人死傷

23日未明、秋田県秋田市内の県道を走行中のワゴン車が路外へ逸脱。道路左側の電柱に衝突する事故が起きた。クルマは大破し、乗っていた男女3人が死傷。警察では前走車追い抜き時におけるハンドル操作の誤りが事故の主因としている。

自動車 社会 社会
23日、秋田県秋田市内の県道を走行中のワゴン車が路外へ逸脱。道路左側の電柱に衝突する事故が起きた。クルマは大破し、乗っていた男女3人が死傷。警察では前走車追い抜き時におけるハンドル操作の誤りが事故の主因としている。

秋田県警・秋田中央署によると、事故が起きたのは23日の午前4時45分ごろ。秋田市八橋大畑1丁目付近の県道を走行していたワゴン車が前走車を追い抜き、元の車線に戻ろうとした際に路外へ逸脱、そのまま道路左側の電柱に衝突した。

ワゴン車は大破。運転していた19歳の男性が頚部骨折でまもなく死亡。助手席に同乗していた19歳の女性が胸部骨折の重傷、後部座席に同乗していた18歳の女性が打撲などの軽傷を負い、近くの病院に収容されている。

現場は片側2車線の直線区間。ワゴン車は元の車線に戻る際にバランスを崩し、これが原因で制御困難につながった可能性が高いという。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集