下半身露出男、タクシーを強奪して逃走

18日未明、通行人の女性に対して露出した下半身を見せるなどの公然わいせつを行っていた男が、この女性らに追われて逃走する際、客待ちのタクシーを奪う事件が起きた。追跡していた女性1人が軽傷を負っており、警察は強盗事件として捜査を開始している。

自動車 社会 社会
18日、通行人の女性に対して露出した下半身を見せるなどの公然わいせつを行っていた男が、この女性らに追われて逃走する際、客待ちのタクシーを奪う事件が起きた。追跡していた女性1人が軽傷を負っており、警察は強盗事件として捜査を開始している。

京都府警・五条署によると、事件が起きたのは18日の午前3時20分ごろ。京都市下京区立売中之町付近の市道を歩いていた女性5人に対し、接近してきた50歳代とみられる男が下半身を見せつけるように露出させた。

女性が騒いだために男は逃走。この際、31歳の女性が突き飛ばされ、打撲などの軽傷を負ったため、他の2人が男の後を追いかけた。

男は客待ちしていたタクシーに乗り込み、59歳の男性運転手に対して「とりあえず出してくれ」と依頼したが、2人はその直後に追いつき、タクシーの進路を塞いだ。このため、タクシー運転手は車外に出て女性から事情を聞こうとしたが、男は運転手を押しのけて運転席に乗り込み、そのままタクシーを奪ってさらに逃げたという。

警察では強盗と公然わいせつ、女性に対する傷害の容疑で捜査を開始。タクシーは約500m離れた場所に乗り捨てられているのが発見されたが、男の姿はなかった。引き続きその行方を追っている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集